世の中は価格競争が激しく、価値観を打ち出すのと、価格を下げる事を同時にしないと、ユーザーは買ってくれませんよね。
ですから、差別化を図るために、海外でしか売っていないものを入荷するという手もありますが、それを売買できるように仕入れるのと、尚且つ、安い価格で利益が出るようにするには、かなりの量が必要になってきますよね。
そんな感じで、倉庫に在庫を詰め込んでいくと、個人事業主でやっている人でも、法人でやっているところでも、見えない状態だと思います。
たな卸しの時期や、確定申告のときくらいしかチェックしないでしょう。
それを、明確にしてくれるのが、ヤマトのWMSクラウドです。
これなら、常に数字が合うだけでなく、コストや流れも明確になります。
そうすれば、在庫を把握できてなくて、過剰仕入れをしたり、売れ筋を把握できなくて、余剰在庫を持ってしまうという起こりうるミスも無くなって、いい感じでしょう。