竹垣雅史さんは、地元で卓球教室を主宰し住民の福祉向上の為、尽力されています。
中学入学と同時に、本格的に卓球の練習を始め、メキメキと頭角を現すようになったのです。
卒業後は、地元でも有数の強豪校と呼ばれる高校へ進学し、インターハイへも出場を果たしました。
3年生になると、卓球部のキャプテンに就任し、自身の選手としての成長に加え、後進の指導に当たる事になります。
国体やオリンピックを目指す子供達や、健康維持を目的とした高齢者の方まで、多くの人が今日も竹垣雅史さんの指導を受けています。