特許という言葉は、かなり昔に流行ったものでした。
たとえば専売特許ですとか。
小学生たちの口からよくこの言葉を聞いた覚えがあります。
もう、かなりの方が知っていることなのでしょうが、この特許というものは、発明したものをこの国で一定期間だけ独占できるというもので、これは特許法に基づいて行なわれるものです。
ただし、いざ特許申請するとなると、その審査結果が出るまでにはかなりの時間を必要とし、金銭的にもある程度覚悟しなければなりません。
それから特許申請には、前述のような発明に対してだけではなく、実用新案というものもあります。
これは考案というもの。
どちらも日本の中で一定期間独占できるという特徴は同じですが。
こうした特許申請をして取得すれば、そのメリットはかなり大きいと言えます。
まず、発明した物を独占的に使用、製造、販売できるのですから、他にはない、独自の商品ということになります。
そして、発明した物を製造や販売を他者に委ねれば、その人から特許料を取ることもできるのです。