太陽光発電のパネルってどんどん軽量化されていってるんです。どんな物でもそうですが、開発され始めた時は大きくて重くても、改良と技術の進歩によってより軽く、よりコンパクトにより丈夫に作り変えられています。まさに太陽光発電も同じ太陽光発電パネルの面積でもいかにより多い発電量を目指して日々研究が続けられています。太陽光発電システムも売り出された当時に比べて太陽光発電のパネルは大幅に効率がよくなりました。今では一般家庭に取り付けられる太陽光発電のブラックのパネルの重量は約60キログラムだそうです。大人一人が屋根に寝そべっている感じをイメージすれば、どれ位屋根に負担がかかっているか想像し易いかもしれませんね。