FX会社を比較する際に重要な項目は、まず第一にスプレッド(外貨売買時の差額)です。
スプレッドが狭いか広いかで利益の出やすさが違います。
相場の様子がつかみづらいので、とりあえずプラスマイナス0で精算する取引のしやすさにも影響を与えるので、FX取引において最も重要です。
重要な経済指標の発表予定や、その他の為替相場関連ニュースの調べやすさも大事な比較対象です。
FX口座画面で最新情報を入手しながら取引できるかどうかは、大きな損得に関わってきます。
ついで重要な項目はスワップ金利と思います。
充分な余裕資金で運用しており、少々の相場変動では強制ロスカットにならず、場合によっては外貨の長期保有をする場合、どれくらいの金利がつくかは結構重要です。
短期取引ではなく外貨長期保有による金利収入目当ての人にとっては、上の2項目よりも重要な比較対象になります。
後は取引画面の使い易さです。
外貨長期保有目的の人には重要ではありませんが、短期取引を多くする場合、使いやすさが損得に関わることはありますので。