明るいところで何気なく目の前に視線を集中させてみると、黒い点やゆったりと流れる紐状のものが見える事があります。
これは目の中の硝子体と呼ばれるゲル状の部分にしわができ、このしわの部分が影になり、網膜に映ってしまうからです。
そのため、影が黒い点に見えたりするのですが、この症状を飛蚊症と呼んでいます。
硝子体の変化は時と共に自然と起こってくるものですので、誰にでもこうした現象は少なからず起きてきます。
体が老化していくのと同じで、年と共に増えていきますが、急激な変化が感じられた場合、その飛蚊症は生理的な要因で起こっているのではなく、病気のサインととらえるべきです。
暗いところではわかりにくいのがこの症状の特徴なのですが、それなのに突然稲妻のような光が見える事があります。
また、黒い点の量や範囲が増えたり、視野の一部が欠けて見えたり、あるいは視力が急に低下した場合、その飛蚊症は網膜剥離をはじめとする怖い病気が進行していることを知らせています。
この場合、早急に治療が必要になりますので、すぐさま眼科を受診し、適切な検査を受けて治療を開始することが視力を救う唯一の方法です。
普段はどういう状態で、どんな変化が起こったときが対策を採るべきなのか、知っておくと安心でしょう。合わせて読みたい情報:CLICK HERE